【読書の方法】本の内容を忘れないための2つのポイントとは

みなさんは本から得られる学びが多すぎる故に、何から実践して良いかわからなかったり、実践してもなかなか継続できなかったという経験をしたことがあるのではないでしょうか。

そこで、今回は「本から得た学びを確実に身に付ける方法」をご紹介します。

【読書の方法】本の内容を忘れないための2つのポイントとは

1.1冊から得る学びを3つに絞る

本から得た学びを確実に身に付けるためには、2つのポイントがあります。1つ目は『1冊から得る学びを3つに絞る』ことです。1冊の本の中には、たくさんの学びがあります。しかし、それらの学び全てを一度に覚えようとしたり、実行しようとしたりすると脳がパンクしてしまいます。そこで、本の中で特に重要だと思った学びを3つに絞るのです。そうすることで、「自分が何を学んだのか」が明確になり記憶に残りやすくなりなります。

2. 3つのTodoリストを作成する

2つ目は、『3つのTodoリストを作成する』ことです。本の内容は多くの人に向けて発信されています。そのため、ただ学びを得ただけでは、抽象度が高く再現性が低いのです。そこで、3つの学びをを実生活に落とし込むための、具体的なTodoリストを3つ作成するのです。学びを経て、「いつ・どこで・何を・どのように・どのくらい」するのかを明確にすることで、行動に移しやすくなります。また、具体的なTodoリストを消化することで、達成感を味わいやすくなり、継続させるモチベーションにつながります。

まとめ

この2つのポイントを意識することで、本の内容を確実に身に付けることができるはずです。これから本を読む際は、ぜひ参考にしてみてください。

読書の方法

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事