【これを意識するだけ!】人間関係がうまくいくたった1つの方法とは

みなさんはサークルや学科、バイト先など様々な人と人間関係を築いていると思います。その中で人間関係がうまくいかずに悩んでいるのではないでしょうか。そこで今回は、人間関係がうまくいく思考法をご紹介します。

人間関係がうまくいくたった1つの方法とは

結論は、サティスファイサーになることです。人は、「サティスファイサー(=妥協する人)」と「マキシマイザー(=完璧主義の人)」という2種類に分けることができます。両者には長所や短所があり、一概にどちらが良いということはありません。しかし、人間関係においてはサティスファイサーになるべきです。なぜなら、マキシマイザーの場合「理想の友人、理想の先輩、理想の後輩」を求めることになるからです。自分の理想の友人や先輩後輩を見つけることは悪いことではありません。しかし、実際にそれらを見つけることはかなり難しいといえます。また、自分の理想ではない友人や先輩後輩に対して常にどこか不満を持った状態で接することになってしまいます

その反面、サティスファイサーであれば、完璧ではなくとも現状気が合う友人や先輩後輩に目を向けることができます。そして、その人たちの悪いところ(理想とは異なるところ)ではなく、良いところに目を向けそこに対して満足することができます。これにより、人間関係がうまくいくのです。

まとめ

人間関係がうまくいく方法

人間関係においてはサティスファイサー(=妥協する人)となり、現状気が合う友人や先輩後輩の良いところに目を向けましょう。そうすることで、今いる友人や先輩後輩との関係がより良いものになるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事