どんどん曲は短くなる?サブスクが与えた影響

今日、"Spotify"や"Apple Music"といったサブスクを利用して音楽を聴く人は多いのではないでしょうか。実はこのサブスクの普及によって、アーティストが作曲する曲の構成が変化してきているというのをご存知ですか?今回はサブスクによってもたらされた曲の変化について解説していきます。

結論から述べると、サブスクの普及により『イントロや全体の長さが短い曲が増える』という傾向がみられるようになりました。曲が短くなった理由は、ストリーミング再生回数を伸ばすためです。SpotifyやApple Musicでは一回再生されると権利者にお金が払われる仕組みとなっています。また、その金額は曲のジャンルや長さに関係なく同じです。短いキャッチ―な曲を作り、繰り返しの再生回数(権利費)を稼ぐという狙いがあるのです。

また、イントロが短くなった理由は、先ほどの理由に加え、シャッフル再生機能が備わっているからです。サブスクには曲の選択肢が無数に存在するため、利用者はイントロの終わりを待ちきれずに次の曲へ移ってしまいます。それを防ぐためにも、イントロを短くする必要があるのです。

曲やイントロの長さに着目すると、次ヒットする曲やアーティストを周りよりも先に知ることが出来るかもしれません。以下のヒット曲を参考に、令和のヒット曲を予想してみるのも面白いと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事