【手軽&すぐにできる!】部屋のにおいの原因6つとその対策とは?

『明日友達が家に来るのに部屋が臭い、、、』『でもあんまり時間ない、、、』

そんな悩みを抱えていませんか?今回は、そんな時間がない人向けに部屋の臭いをすぐに消す方法をnつ紹介します。

まずは「においの原因6つ」を知る!

部屋のにおいを消すためには、においの原因のもとを知る必要があります。一般的に部屋のにおいの原因は次の6つです。

部屋のにおいの原因5選

① 玄関にある靴

② 部屋にある布類(寝具/カーペット/カーテン/洗濯物)

③ キッチン(食器/生ゴミ/排水溝)

④ お風呂

⑤ トイレ

⑥ エアコン

これらを抑えた上で、それぞれのにおいの原因に効果的な即効性のある対策方法を紹介します。

それぞれのにおいの対策

① 「玄関にある靴」のにおい対策

玄関にある靴のにおいを取るには、市販の炭の消臭剤が効果的です。靴の周辺に置くだけでも効果はありますが、炭を袋に小分けにして靴の中に入れるとより効果が発揮されます。また靴の中に消臭スプレーをまくことで、よりにおいが抑えられます。ただし、一点だけ注意してほしいのが「靴を密集させすぎないこと」です。靴が密集していると靴の中が乾燥しにくくなり、においが発生する原因となります。

② 「部屋にある布類」のにおい対策

布類は、汗などの体臭やタバコのにおいを吸収する性質があります。寝具はもちろん、カーテンやカーペットにもにおいが染み付いているので、可能であれば洗濯するのがベストです。しかし、洗って乾くまでに時間がかかってしまうので厳しいという方もいるはず。そんな方には「濡れたタオルを振り回す」という方法がおすすめです。空気中のにおいを水が吸収してくれるので、かなり効果があります。とはいえ、においの原因を消臭しているわけではないので、その点は注意しておきましょう。

③ 「キッチン」のにおい対策

キッチンのにおいの原因は、主に「生ゴミ」と「排水溝」です。三角コーナーや排水ネットに生ゴミが溜まっている場合は、すぐに捨てましょう。また、それらは水に濡れることで雑菌が繁殖しにおいが強くなります。生ゴミを捨てた後は、三角コーナや排水フィルターは外で乾かしておきましょう。排水溝のにおいは、市販の「キッチン用のパイプ洗浄剤」を使うことで取り除くことができます。

④ 「お風呂」のにおい対策

お風呂のにおいは主に「排水溝」です。排水溝に溜まっている髪の毛を取り除いた後に、市販の「お風呂用のパイプ洗浄剤」を使いましょう。また、お風呂は湿度が高くなりがちなので、換気扇をまわしてしっかりと乾燥させておくことも大切です。

⑤ 「トイレ」のにおい対策

トイレはとくににおいがこもりやすいため、「便器自体のにおいを抑える」ことと「トイレ内の空間のにおいを抑える」ことが大切です。具体的には、消臭剤とブルーレットやスタンピーといったアイテムを併用するのがおすすめです。消臭スプレーも効果はありますが、一時的なもの多いのでそれだけしか使わないというのはあまりおすすめできません。また、当然ながらしっかりと換気を行うことも大切です。

⑥ 「エアコン」のにおい対策

エアコンはフィルターが汚れていると、使用したときにカビ臭いが発生します。一番効果的なのはフィルターを洗うことですが、今からそれをするのは大変ですよね。そんなみなさんに試していただきたいのが「窓を開けた状態で、"高温"の"送風"を1時間行う」という方法です。エアコンを使用したときのカビ臭さは、エアコンの中に溜まっているカビの胞子が大量に出てくることによるものです。高温によりエアコン内のカビの菌を死滅させ、かつカビの胞子を外に逃がすことでにおいが抑えられます。

最後に

においを根本的に解消するためには、こまめに洗濯・掃除をして綺麗な状態を保つことが大切です。上記の方法に加えて、日頃からこまめに洗濯・掃除を行うことを心がけてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事