【定番】大学生カップルにおすすめの大阪デートスポット5選!

恋人とのデートは本当に楽しいですよね!みなさんは今まさに、恋人とのデートでどこに行くか、ワクワクしながら探している最中ではないでしょうか。今回は大阪にあるデートスポットの中から、絶対に外さない定番のデートスポットを5つに厳選してご紹介します。ぜひ、デートスポット探しの参考にしてみてください!

【定番】大学生カップルにおすすめの大阪デートスポット5選

1.海遊館

やはり、デートといえば水族館が定番ですよね!海遊館は、大阪を代表する人気観光スポットで、年間230万人以上の人が訪れる世界最大級の水族館です。カワウソやペンギン、イルカといった女子に人気の可愛い生き物たちが勢揃いしていますので、きっと彼女も喜ぶはずです!また、昼と夜では水族館の雰囲気が違います。ロマンチックな雰囲気にしたいときは夜に行くなど、使い分けてみるのもいいかもしれません。

・場所:〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1−10
・時間:10:0020:00(最終入館は19:00)
・休館日:月ごとに異なります。詳しくは公式HPをご確認ください。
・料金:大人2,400円/子ども1,200円/幼児600円/シニア2,200円
参照画像元:instagram

2.ニフレル

ニフレルは、幻想的な空間の中で生き物を見たり、触れ合ったりすることができます。1つ1つの空間がおしゃれなので、インスタ映えするスポットです。また、ニフレルには「スポットドリンク」というものがあり、毎月新しいスポットドリンクが更新されています。休憩がてらおしゃれなドリンクを飲んでみてはいかがでしょうか。女子が好きそうなビジュアルのものばかりですので、きっと彼女も喜ぶはずです!

・場所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
・時間:10:00-20:00(入館は19:00まで)
・休館日:年中無休
・料金:大人2,000円/子ども1,000円(詳しくは公式HPをご確認ください)
参照画像元:instagram

3.中之島公園

外でゆっくりとした時間を過ごすなら、中之島公園です。川の流れと中央公会堂、府立中之島図書館などの重厚な建築物など、美しい景観が魅力で、多くの人々で賑わっています。ショッピング街で買い物をしたり、体を動かして遊ぶのも良いですが、こういった場所にお弁当を持っていき、外の空気を感じながら、たわいもない話をするのもいいのではないでしょうか。
リラックスできる空間で会話することで、きっと二人の距離も近づきますよ。

・場所:北区中之島
・時間、休館日:各施設により異なる(詳しくは公式HPをご確認ください)
参照画像元:上 instagram 下 instagram

 4.USJ

もはや紹介するまでもないですが、大学生のデートといえばUSJは外せません。ハリー・ポッターやミニオンパーク、ジュラシックパークといったエリアが全部で9つあり、60以上アトラクションがあります。園内に入るだけでテンションが高まるので、まだ付き合い始めでぎこちないカップルでも一気に距離を縮めるきっかけになるはずです。ただ楽しすぎる分、一日中遊ぶとかなり疲れるので、適宜休んだりするなどスケジュール管理は意識したほうがいいかもしれません!

・場所: 〒554-0024, 5丁目-1-202 島屋 此花区 大阪市 大阪府 (USJバスターミナル)
・時間:月や曜日によってことなります。詳しくは公式HPをご確認下さい。
・料金:大人7,800円/子ども5,400円/シニア7,100円 (1日)
参照画像元:USJ公式HP

5.ひらかたパーク

ひらかたパークは「ひらパー」の愛称で呼ばれる、大阪の遊園地です。また夏はプール、秋〜冬はイルミネーションやスケートなど、1年中遊べるデートスポットです。昼は明るく活気のある遊園地ですが、夜になるとイルミネーションがつきとても綺麗です。とくにデートであれば、ぜひ夜の時間帯にいくことをおすすめします。多種多様なイルミネーションは本当に綺麗ですよ!

・場所: 〒554-0024, 5丁目-1-202 島屋 此花区 大阪市 大阪府 (USJバスターミナル)
・時間:月や曜日によってことなります。くわしくは公式HPにてご確認下さい。
・料金:入園料 大人(中学生以上)1,500円/子ども800円(1日)、入園料+フリーパス 大人4,500円 子ども3,800円(詳しくは公式HPにてご確認下さい)
参照画像元:上 instagram 下 instagram

最後に

今回は大阪のデートスポットを厳選して紹介しました。どれも大学生におすすめの場所ばかりです。ぜひこれらのデートスポットに行って、恋人と楽しい時間を過ごしてみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事