【これは買うな!】大学生の一人暮らしにいらないもの7選

初めての一人暮らしは不安なものです。生活に困らないよう、あれもこれもと買いたくなる気持ちは非常にわかります。しかし、実際に一人暮らしを始めてみると『あれ、これ全く使ってないな、、、』と買ったことを後悔するというのは、大学生あるあるです。

今回は、大学生の一人暮らしにいらないものを7つ紹介していきます。一人暮らしの準備の参考にしてみてください。

大学生の一人暮らしに不要なアイテム7選

1. ソファ

ソファはあったら便利な印象がありますが、一人暮らしには不要です。なぜなら一人暮らしの部屋は狭いので、くつろぐ場所はベッドで十分になります。ソファを置くことで部屋のスペースが狭まり、結果的にソファが荷物置き場なるなんてことはあるあるです。

2. トースター

朝からパンを焼いて優雅に朝食を楽しみたいと考えている方もいるかも知れません。しかし、わたしの経験からすると1週間もしないうちにめんどくさくなります。大学生のルーズな生活リズムに慣れると、朝にトースターでパンを焼く時間などありません。(笑)また、トースターなどの電化製品は捨てるのに手間がかかります。よっぽどパンにこだわりがない方以外は買わないことをおすすめします。

3.バスチェア

一人暮らし大学生の多くは、お風呂の時間の短縮や光熱費の観点からシャワーのみで済ませる方が多いです。ですので、そもそもお風呂で座ることがありません。また、とくにユニットバスの場合はお風呂の中が狭いことが多いです。そんな場所にたいして使わないバスチェアを置いても邪魔になるだけです。どうしても座ってシャワーを浴びたいという方以外は買わないようにしましょう。

4. 掃除機

一人暮らし程度の広さの部屋であれば、コロコロやクイックルワイパーといった掃除用具で十分です。掃除機ではかえって細かいところを掃除しにくかったり、置き場に困ったりしてしまいます。また、掃除機は比較的大きい音が出るため、隣人に迷惑をかけないよう使う時間帯を配慮する必要があります。とはいえ、部屋の広さやインテリアによって掃除機が必要だと感じる方もいるでしょう。まずは手軽な掃除アイテムを買ってみて、後から検討することをおすすめします。

5.アイロン

大学は高校までのような制服とは違い、私服で登校するのが一般的です。そのため、アイロンがけを必要とする服を着る機会が減ってきます。また、先程のトースターが不要である理由と同じですが、大学生の朝にアイロンを掛けているような時間はありません。(笑)もちろんかけたほうが服は綺麗になるのですが、めんどくさくてしないという方が多いと思います。さらに、アイロンと同時にアイロン台も買う方が多いので、収納すぺーすを圧迫しがちです。洋服にかなりこだわりがあるという方以外は、不要なものといえるでしょう。

6. 扇風機

熱い夏場に備えて買っておきたいという方も多いと思います。しかし、一人暮らしの場合は部屋が狭いため、エアコンで十分快適に過ごせます。扇風機は場所を取る上に、捨てるのも手間がかかります。さらに一年のうち半年以上は使わない家電です。夏にどうしても扇風機がほしいと感じるまでは、購入しないほうがよいでしょう。

7. 大きな皿

まず前提として、自炊をする大学生は少数派です。多くの大学生はコンビニで済ませたり、ご飯を炊いておかずは惣菜を買うといった方が多いです。そのため、ご飯茶碗や平皿などは必要ですが、あきらかに大きなお皿は不要です。

最後に

初めての一人暮らしは不安なので、最初からものを揃えたくなる気持ちはよくわかります。とはいえ、使わないものを買っても無駄な出費が増えるだけです。はじめは最低限生活に必要なものだけを揃えて、実際に一人暮らしをはじめてから少しずつものを揃えていくのも良いかもしれません。今回ご紹介した内容は個人の意見ですので、あくまで参考程度にしていただけると幸いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事