【一歩進んだ20代が集結】やりたいことに出会えるプラットフォームTOMOSHIBI

「新しい活動を始めたい、でもとにかく情報がない!」地方の大学生ほどこのような悩みに直面した機会は多いのではないでしょうか?今回は誰かの活動に参加できる、そして自分でプロジェクトを立ち上げることもできるプラットフォーム「TOMOSHIBI」を紹介していきます。

「TOMOSHIBI」とは

「TOMOSHIBI」はあるプロジェクトの企画者と、それに参加したいと思う人々を繋ぐWebサービスです。 オフラインのものからリモートで行うものまで、様々な分野のプロジェクトが数多く掲載されています。企画する側も参加したいプロジェクトを探している側も共に、無料でTOMOSHIBI内の全てのサービスが利用可能です

掲載されているものはあるプロジェクトを0から1へと成長させていく機会に携われるものが多く、「これから発展していくものに自分の力を注ぎより大きなものにしていきたい」という方におすすめです。

またプロジェクトを始めてみたいという方も、オンライン説明会やnoteを参考に仲間を集める方法やそのコツを学ぶことができるので「仲間集めプラットフォーム」として気軽に活用することができます。

利用の流れ

まず初めにTwitterやFacebookのアカウントもしくはメールアドレスを用いて、自分のアカウントを作成します。

プロジェクトを始めたいとき

サイト内左上の「プロジェクトをはじめる」からスタートします。その後プロジェクトの概要やそれにかける想い、どのような人材を何人求めているのかを入力し掲載についての審査申請を行ないます。この入力画面ではMessengerにログインすると運営の方にチャットで質問できる機能があるため、何か困ったことがあっても安心です。無事に審査が通れば60日間サイト内に掲載され参加者を募ることができます。

プロジェクトを探したいとき

関西なのか、はたまたリモートでやりたいのか。またどんな分野に関わってみたいのか。様々な条件を設定してプロジェクトを探すことができます。気になったものがあれば「応募する」からひとこと意気込みを書いて参加の意思を企画者に伝えます。その後は企画者とサイト内のチャットを通してやりとりし、そのプロジェクトに関わるかどうかを決定していきます。

わくわくする毎日へ

「何かをはじめること」は「後悔するきっかけになること」かもしれない一方で、「人生に関わる重大なきっかけをつかめること」かもしれません。やらずに後悔するならやったほうがいい、とよく言われますがその言葉の通りです。

世界の状況で自分の立てていたスケジュールがずれたのなら、今度は自分で自分のスケジュールを塗り替えて新しいこと、はじめてみませんか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事